ことわざの意味や使い方を調べるサイト
日本のことわざ学習サイト。日本のことわざを分類別に解説。ことわざの英文も紹介しています。
ことわざ[女の足駄で造った笛には秋の鹿が寄る]の意味や類語、対義語、関連語句、使用例文を表示。
ことわざ

女の足駄で造った笛には秋の鹿が寄る

おんなのあしだでつくったふえにはあきのしかがよる

熟語解説
  • 足駄=雨の日などに履く、高い歯の下駄
一般常識試験の出題傾向が低いことわざ
一般常識試験出題傾向レベル(低い)
女の足駄で造った笛には秋の鹿が寄るの英語翻訳

Deer in autumn comes near to the flute made with female high clogs.

翻訳サイト参照
女の足駄で造った笛には秋の鹿が寄るの意味

恋に溺れて身を滅ぼすことのたとえ
女が履いた下駄から作った鹿笛を吹くと、秋の交尾期を迎えたオス鹿はそれをメス鹿の鳴き声と間違えて寄ってくることから
女性の色香の魅力は強烈であり、男性はその魅力に引きつけられるものであり、恋というものは、分別を失ってしまうと、身を滅ぼしてしまう

女の足駄で造った笛には秋の鹿が寄るを用いた例文

「彼女は、彼氏ができた途端に、女に足駄で造った笛には秋の鹿が寄るとばかりに、財産のほとんどを貢いでしまった」

女の足駄で造った笛には秋の鹿が寄るの類語
カテゴリ

男女-女(おんな)

女(おんな)が含まれることわざ一覧

秋の日和と女の心日に七度変わる悪女の賢者ぶり悪女の深情け悪女は鏡を疎む朝雨女の腕捲り
一般常識試験に出題されることわざ
ことわざは、古い時代から人々の口にされ、時には教訓として、時にはうさばらしとして、また時には諷刺として伝わりました。
ことわざには、非常に古い時代からのものもありますし、明治になってからできたものもあります。
使わなくなったことわざは次第に忘れられ、人々から愛され使い続けられたものだけが残り、現在私たちが聞いたり見たり口にしたりしています。
このサイトで多くのことわざを知って日常生活を豊かに送りましょう!!
2014-2014 Copyright (c) ことわざの意味を調べるサイト(無料ことわざ大百科サイト)