知って得することわざ集
日本のことわざ学習サイト。日本のことわざを分類別に解説。ことわざの英文も紹介しています。
ことわざ[親孝行と火の用心は灰にならぬ前]の意味や類語、対義語、関連語句、使用例文を表示。
ことわざ

親孝行と火の用心は灰にならぬ前

おやこうこうとひのようじんははいにならぬまえ

一般常識試験出題頻度レベル
一般常識試験出題頻度レベル2(低い)
親孝行と火の用心は灰にならぬ前の解説

親孝行は親が生きている間にするもので、火の用心は火事になる前にしておく
どちらも、死んで、または火事になって灰になってからでは遅い(後の祭り)という意味

親孝行と火の用心は灰にならぬ前を用いた例文

「親孝行など考えてもいなかったが、先日母親が亡くなって、親孝行しておけばよかったと思った。つくづく、親孝行と火の用心は灰にならぬ前と思ったよ」

親孝行と火の用心は灰にならぬ前の類語
カテゴリ

親族・親類-親(おや)

親(おや)が含まれることわざ一覧

一文銭と親の讎は取りにいくいつ迄もあると思うな親と金牛の小便と親の意見打たれても親の杖打つも親の慈悲
一般常識試験出題
ことわざは、古い時代から人々の口にされ、時には教訓として、時にはうさばらしとして、また時には諷刺として伝わりました。
ことわざには、非常に古い時代からのものもありますし、明治になってからできたものもあります。
使わなくなったことわざは次第に忘れられ、人々から愛され使い続けられたものだけが残り、現在私たちが聞いたり見たり口にしたりしています。
このサイトで多くのことわざを知って日常生活を豊かに送りましょう!!
2014-2014 Copyright (c) 知って得することわざ集(無料ことわざ大百科サイト)