ことわざの意味や使い方を調べるサイト
日本のことわざ学習サイト。日本のことわざを分類別に解説。ことわざの英文も紹介しています。
ことわざ[龍の子は小さしと雖も能く雨を降らす]の意味や類語、対義語、関連語句、使用例文を表示。
ことわざ

龍の子は小さしと雖も能く雨を降らす

りゅうのこはちいさしといえどもよくあめをふらす

一般常識試験の出題傾向が低いことわざ
一般常識試験出題傾向レベル(低い)
龍の子は小さしと雖も能く雨を降らすの意味

その子が持っている素質というものは、幼いころから出始めるものであるという意味
立派な人間になる者は、幼い時から秀でたものを持っている

龍の子は小さしと雖も能く雨を降らすを用いた例文

「彼女の子供は、四歳の時から龍の子は小さしと雖も能く雨を降らすとばかりに数学に興味を見せ始め、問題を解こうとしていた。学者になる素質を持っているのだろう」

龍の子は小さしと雖も能く雨を降らすの類語
  • 蛇は寸にして人を呑む
  • 牛を食うの気
  • 虎豹の駒は食牛の気あり
  • 獅子は生まれて三日にして虎を食う気あり
  • 竜は一寸にして昇天の気あり
  • てらつつきの子は卵から頷く
  • 栴檀は双葉より芳し
  • 蛇は一寸にしてその気あり
  • 蛇は一寸にしてその気を得る
  • 食牛の気
  • 梅花は莟めるに香あり
  • 実の生る木は花から知れる
  • 虎子地に落ちて牛を食らうの気あり
  • 良竹は生い出るより直ぐなり
カテゴリ

親族・親類-子(こ)

子(こ)が含まれることわざ一覧

赤い信女が子を孕む赤子と搗きかけの餅は手荒いが良い赤児のうちは七国七里の者に似る赤子の手を捻る赤子を裸にしたよう
一般常識試験に出題されることわざ
ことわざは、古い時代から人々の口にされ、時には教訓として、時にはうさばらしとして、また時には諷刺として伝わりました。
ことわざには、非常に古い時代からのものもありますし、明治になってからできたものもあります。
使わなくなったことわざは次第に忘れられ、人々から愛され使い続けられたものだけが残り、現在私たちが聞いたり見たり口にしたりしています。
このサイトで多くのことわざを知って日常生活を豊かに送りましょう!!
2014-2014 Copyright (c) ことわざの意味を調べるサイト(無料ことわざ大百科サイト)