知って得することわざ集
日本のことわざ学習サイト。日本のことわざを分類別に解説。ことわざの英文も紹介しています。
ことわざ[世の中は年中三月常月夜嬶十七俺二十負わず借らずに子三人]の意味や類語、対義語、関連語句、使用例文を表示。
ことわざ

世の中は年中三月常月夜嬶十七俺二十負わず借らずに子三人

よのなかはねんじゅうさんがつじょうづきよかかあじゅうしちおれはたちおわずからずにこさんにん

熟語解説
  • 嬶=妻
一般常識試験出題頻度レベル
一般常識試験出題頻度レベル(極低)
世の中は年中三月常月夜嬶十七俺二十負わず借らずに子三人の解説

世の中はいつも三月頃の温暖な気候であり、夜は明るい月夜であるのが理想的で、妻は十七歳で自分は二十歳、人の世話にはならず、借金もせず、子供は三人ぐらい持つのが幸福で理想的な暮らしであるという、庶民のささやかな願望を表したことわざ

世の中は年中三月常月夜嬶十七俺二十負わず借らずに子三人を用いた例文

「私の理想の家族というのは、いつまでも若々しい夫婦でいられ、子供三人と暮らし、借金がなく、誰からの助けも必要としないことです。世の中は年中三月常月夜嬶十七俺二十負わず借らずに子三人とも言うしね」

世の中は年中三月常月夜嬶十七俺二十負わず借らずに子三人の類語
世の中は年中三月常月夜嬶十七俺二十負わず借らずに子三人の対義語
  • 使って減らぬ金百両
カテゴリ

親族・親類-子(こ)

子(こ)が含まれることわざ一覧

赤い信女が子を孕む赤子と搗きかけの餅は手荒いが良い赤児のうちは七国七里の者に似る赤子の手を捻る赤子を裸にしたよう
一般常識試験出題
ことわざは、古い時代から人々の口にされ、時には教訓として、時にはうさばらしとして、また時には諷刺として伝わりました。
ことわざには、非常に古い時代からのものもありますし、明治になってからできたものもあります。
使わなくなったことわざは次第に忘れられ、人々から愛され使い続けられたものだけが残り、現在私たちが聞いたり見たり口にしたりしています。
このサイトで多くのことわざを知って日常生活を豊かに送りましょう!!
2014-2014 Copyright (c) 知って得することわざ集(無料ことわざ大百科サイト)