ことわざの意味や使い方を調べるサイト
日本のことわざ学習サイト。日本のことわざを分類別に解説。ことわざの英文も紹介しています。
ことわざ[侍の子は轡の音で目を覚まし商人の子は算盤の音で目をさまし乞食の子は茶碗の音で目を覚ます]の意味や類語、対義語、関連語句、使用例文を表示。
ことわざ

侍の子は轡の音で目を覚まし商人の子は算盤の音で目をさまし乞食の子は茶碗の音で目を覚ます

さむらいのこはくつわのおとでめをさましあきんどのこはそろばんのおとでめをさましこじきのこはちゃわんのおとでめをさます

熟語解説
  • 轡=馬を制御するために馬の口にくわえさせて用いる金属製の用具
  • 乞食=食物や生活に必要な金品を他人から恵んでもらって暮しをたてている者
一般常識試験の出題傾向が低いことわざ
一般常識試験出題傾向レベル(低い)
侍の子は轡の音で目を覚まし商人の子は算盤の音で目をさまし乞食の子は茶碗の音で目を覚ますの英語翻訳

Samurai's child wakes up to the sound of a bit.
Merchant's child wakes up to the sound of an abacus.
Child of the beggar wakes up to the sound of the rice bowl.

翻訳サイト参照
侍の子は轡の音で目を覚まし商人の子は算盤の音で目をさまし乞食の子は茶碗の音で目を覚ますの意味

日々の生活習慣は習性となるという意味
侍の子供は、幼い時から馬の口につけた轡が鳴るちょっとした物音にも用心深く気を配っているため、熟睡していても、轡の音が鳴るだけで本能的に目を覚ます
商人の子供は、幼いない時から金銭の勘定や損得に油断なく気を配っているため、熟睡していても、算盤の音がすると本能的に目を覚ます
乞食というものは、いつもお腹がすいているので、ご飯を盛るためのお茶碗の音がなると目を覚ますことから

侍の子は轡の音で目を覚まし商人の子は算盤の音で目をさまし乞食の子は茶碗の音で目を覚ますを用いた例文

「朝起きたら歯を磨くという行動は、侍の子は轡の音で目を覚まし商人の子は算盤の音で目をさまし乞食の子は茶碗の音で目を覚ますというように、人間だけの習慣である」

侍の子は轡の音で目を覚まし商人の子は算盤の音で目をさまし乞食の子は茶碗の音で目を覚ますの類語
カテゴリ

親族・親類-子(こ)

子(こ)が含まれることわざ一覧

赤い信女が子を孕む赤子と搗きかけの餅は手荒いが良い赤児のうちは七国七里の者に似る赤子の手を捻る赤子を裸にしたよう
一般常識試験に出題されることわざ
ことわざは、古い時代から人々の口にされ、時には教訓として、時にはうさばらしとして、また時には諷刺として伝わりました。
ことわざには、非常に古い時代からのものもありますし、明治になってからできたものもあります。
使わなくなったことわざは次第に忘れられ、人々から愛され使い続けられたものだけが残り、現在私たちが聞いたり見たり口にしたりしています。
このサイトで多くのことわざを知って日常生活を豊かに送りましょう!!
2014-2014 Copyright (c) ことわざの意味を調べるサイト(無料ことわざ大百科サイト)