知って得することわざ集
日本のことわざ学習サイト。日本のことわざを分類別に解説。ことわざの英文も紹介しています。
ことわざ[秋の日と娘の子は呉れぬようで呉れる]の意味や類語、対義語、関連語句、使用例文を表示。
ことわざ

秋の日と娘の子は呉れぬようで呉れる

あきのひとむすめのこはくれぬようでくれる

熟語解説
  • 呉れる=暮れる・与える
一般常識試験出題頻度レベル
一般常識試験出題頻度レベル4(高い)
秋の日と娘の子は呉れぬようで呉れるの解説

秋の日はなかなか暮れないようであっさり暮れるが、娘も同じように、なかなか嫁にもらえなさそうに見えるが、意外にあっさりともらえるものであるという意味

秋の日と娘の子は呉れぬようで呉れるを用いた例文

「彼女の両親へ結婚を認めてもらう挨拶に行ったが、秋の日と娘の子は呉れぬようで呉れるとばかりに、何ともあっさり了解を得ることができた」

秋の日と娘の子は呉れぬようで呉れるの類語
秋の日と娘の子は呉れぬようで呉れるの対義語
カテゴリ

親族・親類-子(こ)

子(こ)が含まれることわざ一覧

赤い信女が子を孕む赤子と搗きかけの餅は手荒いが良い赤児のうちは七国七里の者に似る赤子の手を捻る赤子を裸にしたよう
一般常識試験出題
ことわざは、古い時代から人々の口にされ、時には教訓として、時にはうさばらしとして、また時には諷刺として伝わりました。
ことわざには、非常に古い時代からのものもありますし、明治になってからできたものもあります。
使わなくなったことわざは次第に忘れられ、人々から愛され使い続けられたものだけが残り、現在私たちが聞いたり見たり口にしたりしています。
このサイトで多くのことわざを知って日常生活を豊かに送りましょう!!
2014-2014 Copyright (c) 知って得することわざ集(無料ことわざ大百科サイト)