知って得することわざ集
日本のことわざ学習サイト。日本のことわざを分類別に解説。ことわざの英文も紹介しています。
ことわざ[師は三世の契親は一世の睦び]の意味や類語、対義語、関連語句、使用例文を表示。
ことわざ

師は三世の契親は一世の睦び

しはさんぜのちぎりおやはいっせのむつび

熟語解説
  • 一世=現在(生まれてから死ぬまで)
  • 三世=過去・現在・未来
  • 睦び=親しむこと
一般常識試験出題頻度レベル
一般常識試験出題頻度レベル(極低)
師は三世の契親は一世の睦びの解説

親と子供は、改めて深い約束を交わす必要がない程、深い結びつきがあるので、近親者よりも他人との関係を大切にしなさいという教え
深い結びつきがある血縁者よりも、他人との関係はさらに深いものであり、大切にするべきである

師は三世の契親は一世の睦びを用いた例文

「彼は、自分の両親よりも、恩師との関係を重んじて行動している。師は三世の契親は一世の睦びの見本だな」

師は三世の契親は一世の睦びの類語
  • 師弟は三世
  • 子は一世夫婦は二世主従三世他人は五世
  • 親は一世の睦び
カテゴリ

親族・親類-親(おや)

親(おや)が含まれることわざ一覧

一文銭と親の讎は取りにいくいつ迄もあると思うな親と金牛の小便と親の意見打たれても親の杖打つも親の慈悲
一般常識試験出題
ことわざは、古い時代から人々の口にされ、時には教訓として、時にはうさばらしとして、また時には諷刺として伝わりました。
ことわざには、非常に古い時代からのものもありますし、明治になってからできたものもあります。
使わなくなったことわざは次第に忘れられ、人々から愛され使い続けられたものだけが残り、現在私たちが聞いたり見たり口にしたりしています。
このサイトで多くのことわざを知って日常生活を豊かに送りましょう!!
2014-2014 Copyright (c) 知って得することわざ集(無料ことわざ大百科サイト)