知って得することわざ集
日本のことわざ学習サイト。日本のことわざを分類別に解説。ことわざの英文も紹介しています。
ことわざ[親は糟糠に甘んじ子は膏梁に飽き孫は遺糟を拾う]の意味や類語、対義語、関連語句、使用例文を表示。
ことわざ

親は糟糠に甘んじ子は膏梁に飽き孫は遺糟を拾う

おやはそうこうにあまんじこはこうりょうにあきまごはいそうをひろう

一般常識試験出題頻度レベル
一般常識試験出題頻度レベル(極低)
親は糟糠に甘んじ子は膏梁に飽き孫は遺糟を拾うの解説

親が節約して築いた財産を、その子供は贅沢を尽くして食いつぶし、その孫は落ちぶれてしまうという意味

親は糟糠に甘んじ子は膏梁に飽き孫は遺糟を拾うを用いた例文

親は糟糠に甘んじ子は膏梁に飽き孫は遺糟を拾うとはよく言ったもので、あの家のおじいちゃんは、一代で家屋敷を築いたが、その息子、孫と代が変わっていくにつれ家屋敷も取られ、今では消息も分からない」

親は糟糠に甘んじ子は膏梁に飽き孫は遺糟を拾うの類語
カテゴリ

親族・親類-親(おや)

親(おや)が含まれることわざ一覧

一文銭と親の讎は取りにいくいつ迄もあると思うな親と金牛の小便と親の意見打たれても親の杖打つも親の慈悲
一般常識試験出題
ことわざは、古い時代から人々の口にされ、時には教訓として、時にはうさばらしとして、また時には諷刺として伝わりました。
ことわざには、非常に古い時代からのものもありますし、明治になってからできたものもあります。
使わなくなったことわざは次第に忘れられ、人々から愛され使い続けられたものだけが残り、現在私たちが聞いたり見たり口にしたりしています。
このサイトで多くのことわざを知って日常生活を豊かに送りましょう!!
2014-2014 Copyright (c) 知って得することわざ集(無料ことわざ大百科サイト)